HOME>記事カテゴリー一覧

JUNIOR TIMES

JUNIOR TIMES

クリスティアーノ・ロナウド空港誕生!

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月30日

クリスティアーノ・ロナウドの故郷、マデイラ島にあるマデイラ空港が、
正式に”アエロポルト・クリスティアーノ・ロナウド”に改名されました。
先日、マドリードで行われた会見に続き、29日に式典が催されています。

ロナウドの母親であるマリア・アベイロさん、ガールフレンドのジョージナ・ロドリゲスさん、
そして息子のクリスティアーノJrも参加したようです。

そして到着ターミナルの外に設置された像がこちら・・・!

ネットでは「似ていない!」との声が多数ありますが、
あくまでもイメージ像なので、これはこれでありなんでしょう・・・。

ネイマールがタイムズ・スクエアを占拠

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月29日

FCバルセロナのネイマールは、自身が出演する広告で
ニューヨークのタイムズ・スクエアを占拠した。

ネイマールは自身のスポンサーであるナイキの新たなキャンペーンで、
アメリカのタイムズ・スクエアにあるモニターを一斉に占拠した。

その模様はネイマールのインスタグラムのアカウントで公開されている。
有名なタイムズ・スクエアにある巨大な画面には、
ナイキの「Air Max Day」キャンペーンの一環で、
主役のネイマールが最新モデルのスニーカーを履いて登場している。

Times Square, NY #teamnike #vapormax #airmaxday

Nj neymarjrさん(@neymarjr)がシェアした投稿 –

ジャーメイン・デフォーと5歳の少年の物語

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月28日

サンダーランドに所属するジャーメイン・デフォーと
5歳のファンであるブラッドリー・ローリー。
この2人の物語が多くの人々の心を温かくしています。

神経芽腫という小児がんと戦っているブラッドリーが、
初めてデフォーと会ったのは昨年の9月。
サンダーランドがホームにエバートンを迎えた試合でした。

スタジアム・オブ・ライトに招待されたブラッドリーは、
クラブマスコットのブラック・キャッツと一緒にピッチに登場。
スタンドには”みんな君と共にいるよブラッドリー”のバナーが掲げられ、
観客たちは「君は特別だ!ブラッドリー・ローリー!」と歌いました。

このとき、地元サンダーランド・エコー紙のインタビューを受けたブラッドリーは、
「すごくうれしいよ。憧れのジャーメイン・デフォーに会えた。
みんなが歌を歌ってくれて、まるで僕がデフォーになったみたいだった」
とコメントしています。

それから12月14日のチェルシー戦、12月17日のワトフォード戦も観戦したブラッドリー。
ワトフォードのストライカー、トロイ・ディーニーからはクリスマスカードも届きました。

2月、デフォーはサンダーランドのチームメイトとブラッドリーの病院をお見舞い。
ブラッドリーがデフォーの腕の中で眠る様子がツイッターにアップされました。
デフォーは言います。「私が病室に入ったら、ブラッドリーは私の腕をつかんで
ベッドにおいでよ!って引っ張ったんだ」

「ブラッドリーの寝顔を見ると、想像したこともない気持ちになった。
涙が出てくる。若いときには感じたことがない気持ちだった」

その1ヶ月後、ブラッドリーにうれしいニュースが飛び込んできます。
今シーズン調子が良かったデフォーが、
約3年ぶりにイングランド代表に招集されたのです。

ブラッドリーの母親は、ビデオカメラを回しながらブラッドリー質問しました。

母「来週の代表戦には誰が観戦に行くの?」

ブラッドリー「誰?」

母親「準備できてる?」

ブラッドリー「もちろんさ!」

3月26日に行われたワールドカップ予選、イングランド対リトアニア。
試合は2-0でイングランドの勝利で終わりましたが、
観戦に訪れたブラッドリーをさらに幸せにすることがありました。
21分にジャーメイン・デフォーがゴールを決めたのです。

試合後、デフォーは次のようにコメントしています。
「とても楽しんだよ。言葉にするのは難しいんだけど、
私にはブラッドが付いているという事実を忘れなかった」

12月、ブラッドリーの家族は主治医から、がんが末期状態にあることを告げられたそうです。
ブラッドリーは、親友と歩む人生を大切に過ごしています。

C・ロナウドが病を抱える子供たちにサプライズ

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月27日

[ムンド・デポルティーボ]

クリスティアーノ・ロナウドは、
ポルトガル代表の滞在先であるポルトガル・カスカイスのホテルに
慢性的な病を抱えた子供たちのグループを招待した。

ポルトガルサッカー協会によると、このイベントは3月23日に設けられ、
ポルトガル代表のキャプテンであるC・ロナウドは、
病気の子供を助ける2つの団体を迎えホテルに入れた。

また、子供たちのグループの他に、
C・ロナウドは90歳の老人とも面会。

C・ロナウドを心から応援している大ファンのようで、
晴れて本人と会う夢を実現した。

カスカイスのホテルで子どもたちは、
C・ロナウドから愛情のこもった抱擁を受けた。

パレイラ氏「CLのバルサ逆転劇はアカデミー賞以上のものだ」

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月26日

[ムンド・デポルティーボ]

1994年ワールドカップ王者ブラジル代表を率いたカルロス・アルベルト・パレイラ氏は、
ネイマールは世界一の選手になる用意ができているとコメントした。

またFCバルセロナのパリ・サンジェルマンFC(PSG)戦について
「サッカーの本質が詰まっていた」と述べた。

同氏はニュースサイト『テラ』で、ネイマールを擁するブラジル代表が
ウルグアイ代表に重要な勝利を挙げた後、
2018年ワールドカップ王者の有力候補であり、
ブラジルサッカーが復活しつつあると評した。

パレイラ氏は、ブラジル代表がネイマール、ガブリエル・ジェズス、
コウチーニョを擁して世界一の攻撃力を持っていると評価。

バルサのネイマール、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスで形成される
トリデンテも、ブラジルのように素晴らしい攻撃トリオであり、
他国の代表チームには存在しないとコメントした。
 
さらに「全てにおいて、ネイマールがFIFA最優秀選手賞『ザ・ベスト』に
値していることを示している。

なぜなら彼はバルサでより成熟しており、
さらに素晴らしいフィニッシャー、
華麗なドリブラーで賢い選手となっているからだ」と述べた。

先日行われたCLバルサ対PSG戦については
「サッカーの本質が詰まっている事に疑いはない」
「PSGは第1戦の4―0でのリードを守ろうとしていたが、
彼らはバルサに自陣ゴール前でボールを持たせてしまったのが問題だった」

「カンプ・ノウで起こった事は、アカデミー賞以上にすごい事と言っても過言ではない。
まるでサスペンス映画のようだった」と絶賛のコメント。

また、PSGのエディンソン・カバーニが1点を返して3―1となった時
「約束があったからテレビを消したよ。だけど1時間後、
ある友達が興奮して『試合を見たか? バルサはお祭り騒ぎだ。
10分もしない間に3点取った』と言ってきてびっくりしたよ」と、
当時の仰天エピソードを明かした。

「ウェンブリー92記念ミュージアム」がオープン!

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月25日

[ムンド・デポルティーボ]

FCバルセロナは、ウェンブリーイヤー(1992年にバルサが
ウェンブリースタジアムで初めてヨーロッパリーグを制した年)を
記念したミュージアムをオープンする。

ミュージアムには、その当時のユニフォーム、
ソシオ会員のカードやヨーロッパリーグでの激闘を振り返る品々などが展示される。

ウェンブリー92記念ミュージアムは記念セレモニーの準備もほぼ整い、
何事もなければ2017年3月の最終週にはオープンされる予定だ。

バルサのイニエスタ、SNSのエラーに巻き込まれる

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月24日

[ムンド・デポルティーボ]

FCバルセロナのアンドレス・イニエスタは、
自身のSNSでエラーが起こったことに対して謝罪をした。

3月23日、レアル・マドリードのバスケットボールチームのプレーヤー、
セルヒオ・リュルがアップしたはずの投稿が、
イニエスタの『フェイスブック』に表示された。

誤った投稿はすぐに削除され、その後イニエスタは、
謝罪のメッセージをアップした。

「今回起きたエラーをみんなにお詫びするよ。
バスケットをプレーするよりも、スペイン代表としてヒホンにいたいよ!」

0000000001472
【商品ページ】 ナイキ ジュニア マジスタ X オーパス II IC

ラキティッチはスムージー作りの天才!

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月23日

[ムンド・デポルティーボ]

FCバルセロナのMFイヴァン・ラキティッチは
『Unscriptd』のWebページ内にて自身のスムージー作りを公開。
調理のアイディアと技術で人々を驚かした。

ビデオでは『Rakitic Razzler』と名付けたお気に入りのスムージーの作り方を披露。

材料はバナナ、イチゴ、チェリー、
カタルーニャ地方の伝統的なデザートである「メル・イ・マト」、
アーモンドミルク。

それらをミキサーにかけ、
最後にホワイトチョコのチップ少々とブルーベリーを振りかけて完成。

ポドルスキ、代表引退試合で決勝ゴール!

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

現在所属するガラタサライでのシーズン終了後、
ヴィッセル神戸へ移籍することが決まっているルーカス・ポドルスキ。

U-17から世代別ドイツ代表に選ばれていたポルディ(ポドルスキの愛称)ですが、
31歳の今年、マンシャフト(代表チーム)引退を発表しています。

引退試合は22日に行われたイングランド代表との親善試合。
キャプテンマークを巻いて先発したポドルスキは、
69分に豪快なミドルシュートを決めました。

これが決勝点となり、まさに有終の美を飾ったポドルスキ。
日本でそのプレーが見られる日が待ち遠しいです。

1_000000000109
【商品ページ】 アディダス キッズ ドイツ代表 ホーム レプリカユニフォーム S/S

バルサが若者を対象としたクラシコ観戦イベントを企画

サッカーニュース,ワールドチャレンジトピックス

2017年3月22日

[ムンド・デポルティーボ]

FCバルセロナは4月23日にサンティアゴ・ベルナベウで行われるクラシコを、
18歳から30歳までの若年層を対象に、
カンプ・ノウで観戦するイベントを開催すると発表した。

FCバルセロナ理事会は、若年層の雇用創出、社会への関与を促すためのプラットフォーム
「Espai Jove(若者の空間)」を発足すると発表。
同クラブは、この年代の若者たちがどのようなニーズを持っているか、
プラットフォームを通じて把握できるようになる。

理事会は、さまざまな活動の一環として「マッチ・パーティー」と題し、
バルサのアウェーゲームをカンプ・ノウで見られるイベントの企画を予定した。 

同活動1回目の対戦カードが、偶然にも4月23日のクラシコとなっている。
このイベントでは、18歳から30歳までのソシオ(クラブ会員)が、
カンプ・ノウに設置されたビッグスクリーンで試合を観戦しながら
食事や音楽などを楽しむ事ができるという。

クラブは近日中に、イベント参加の方法などを発表する予定だ。

0000000002692
【商品ページ】 NANOSTAD スタジアム3Dパズル サンティアゴ・ベルナベウ (レアル・マドリード)